先輩の声

ホーム / 採用情報 / 新卒採用情報 / 先輩の声 / システムエンジニア

現在の仕事

複数の顧客・業務のシステム開発および運用保守を担当しています。
顧客やメンバー、スケジュール、品質の管理などが主な役割ですが、案件によっては開発(プログラミング)も行います。

これまでのキャリア
 

2001年 AOの前身企業に新卒入社。業務アプリケーション開発部署に配属。

2003年 大手化粧品会社のシステムリプレース案件に参画。要件定義から導入までシステム開発の一連の作業を経験。その後の保守も担当。

2006年 化粧品受託製造会社の新規システム開発案件にチームリーダーとして参画。

2010年 第一子出産。
2011年 産休前と同じ部署に復帰し、担当していたシステム保守にアサインされたのでスムーズに現場復帰。

2012年 第二子出産。
2013年 産休前と同じ部署に復帰。新しい顧客・業務のシステム保守にアサインされたが、上司の支援もあり、リーダーとして案件に従事。

現在  既存システムの保守を継続しながら、新規顧客への提案や開発案件にも随時参画。
キャリアアップのためプロジェクトマネジメントについて日々勉強中。

AOでの働きやすさ
(制度)

出産・育児に関する休暇や勤務形態の制度が整っており、私は2度の出産で産休・育休を取得し、復帰後は育児短時間勤務をしています。

上司や同僚はワーキングマザーに対する理解があるので、子どもの病気による突発的な休みや遅刻・早退があっても周囲のフォローがあり、保育園の行事(懇談会など)に参加するための予定休暇も取得しやすいです。(もちろん、日々の情報共有や事前準備、調整は必要です。)

最近は産休・育休を経て復帰する女性社員も増えてきてますし、先輩ママ社員も多いので、業務では関わりがなくても育児の相談や子どもの話などができて仕事の息抜きになってます。

また私は出産後も総合職として働いていますが、育児などの理由により業務内容を制限できる職種の選択肢があったり、そういった働き方やキャリアの希望を伝える仕組みもあるので、子育てしながらでも長く勤めることのできる会社です。

仕事と育児の両立で苦労したこと

■子どもが突発的に病気になり、休みや早退などが重なり、仕事が計画通りに進まないことが多々ありました。
そんな時は、帰宅後(子どもが寝静まったあと)に自宅で作業することもありますが、上司を初め、周囲のサポートがあったおかげで、顧客に迷惑をかけることなく乗り越えることができました。

■時間が足りないことが辛いです。仕事が計画通りに行かず、子どもに当たってしまうことがありましたが、親にサポートしてもらい、育児との両立をはかっています。
また、週末は主人に子どもを預けて外出してリフレッシュしたり、子どもと一緒にいる時は、同じ時間で生活し、その時間を楽しんでいます。

ある日のスケジュール
08:30 朝はパパが保育園に連れて行く担当なので、朝ごはんと保育園の支度を済ませ、子どもとパパを送り出し、出社します。
09:30 仕事開始。まずは、メールをチェックし、今日やる作業のリストアップをします。
10:00 朝のうちに集中して、メールの返信や、システム稼働状況のチェックなどを終わらせます。
12:00 外で同期とランチ。たまの楽しみです。
14:00 プロジェクトメンバーと会議。システムの課題と対策を検討し、今後のスケジュールを共有します。
16:00 時短退社の時間が迫ってきたので、今日中にやる作業を終わらせ、メンバーへの作業指示をします。
16:30 ダッシュ!保育園のお迎えに間に合うように、急いで帰ります。
駆け寄ってくる子どもの笑顔に元気をもらいます。
19:30 子どもと食事をし、お風呂に入って、一日のできごとを話します。
(男の子なので、怒鳴っていることが多いですが。。。)
21:00 子どもを寝かしつけながら、寝落ちることが多いです。
一息つきながら、子どもの寝顔に癒されています。

就職活動に臨む
リケジョに
メッセージ!

理系の皆さんは、論理的に考えたり深く探求することが得意だと思います。
私自身も、自分が何をしたいか、それはどうしてかを考えることで軸を明確にし、就職活動に臨みました。
社会人になってからも論理的に考えて物事を組み立てることは大切なスキルだと思います。
相手の気持ちを察する女性の強みや理系が得意な論理的思考力を、就職活動やその後の仕事にも活かして、自分のやりたいことを実現してください。